占いどっとなび
三日月 手相の歴史のついて 三日月


手相は、自分を知り相手を知るための帝王の学問とされており、非常に歴史は長いです。

手相の歴史は古代インドで始まっています。

その後、中国、エジプト、ギリシアへと広まっていきました。

4000年前には、すでにアラビア地方で試みられていたとのことです。

日本には、平安時代の中期に中国から伝わったってきました。

名君で知られるソロモン王、かの有名な哲学者ピタゴラスやアリストテレスなど、

数多くの学者も手相に興味を持ち、そのとりこになっていったのです。

昔の手相占いは手だけでなく、人相と共に判断する「観相術」。

手相だけ専門的に占うようになったのは中世ヨーロッパからだそうです。

本格的に手相がヨーロッパに普及したのは19世紀。

そのきっかけをつくったのが、天才手相研究家のキロー。

キローが『手の言葉』という本を出版、当時の著名人の手相を占い、

ズバリ的中させて爆発的ブームを起こしました。

ちなみに、キローは近代手相学の元祖と呼ばれているます。


日本にも、明治時代にキローの手相術が紹介された。

このことにより、中国式が主流だった日本の手相術も文明開化を迎えたのでした。

生命線や運命線という呼び名もこのころにつぃたそうです。

最近では心理学や医学の専門家による、科学的な研究が欧米で活発になっています。


注目サイト

イベントのTシャツ
https://www.forcus.co.jp/info-prd/t-syatu/
ホームシアター
https://www.avac.co.jp/contents/hometheater-index.html

最終更新日:2016/4/20